ブログ

2018年04月15日

患者様のお声

患者様のお声を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

トレイルラン、トライアスロン、マラソンなどを長年されていた患者様で2年近くケガに悩んでおられた患者様です。

ベストも大分別府マラソンに出場できるほどの実力の持ち主で、カラダを使うセンスが長けている方ですが、その面でケガに繋がってしまった経緯もございます。

当院の患者様のご紹介で来院して頂ける事になりました。

復帰に向けて光が見えてきた患者様です!!

今ままでに大きなケガなどはされていないランナーでした

競技歴も長く、学生時代から陸上に励み社会人になってもベストを更新しながらでの挫折を味わってしまったのです。

症状は

膝裏の痛みが中々、取れなくていくつかの治療院に行ったけども改善される感じがしなかったという不安の中で来院してくれました。

  • 膝を曲げることができない
  • 加重すると痛みが増加する
  • 屈伸運動での痛みの出現

がございました。

症状改善を最優先に考えながらでの施術の提供をさせて頂きました。

正直なところ治療には試行錯誤を大変させて頂いた覚えがございます。その中でも継続して来院して下さった事に感謝しております。

原因はなんだったのか?

膝の症状に関してはアライメントなどが重要視されてしまいます。それだけを見ていると大変重要なところを見落としがちになります。有名な選手の話でお伝えするとプロサッカー選手の内田篤人選手がその一人です。ケガをし、手術をし、リハビリをしている中で教科書通りの正常な位置へ膝の状態を戻すためのリハビリなどをしていたために復帰が遅れたのです。その後、あるトレーナーの方にお世話になった際に『この膝はこの向きでしか動かない』と見つけて頂き、現在はJリーグ復帰に繋がって現役でプレーをされているのです。

原因はそこじゃないんだという意識を施術者は考えて施術に当たる必要があります。

原因は足首の動きの悪さでした。

膝はどうだったのか?

膝自体も正常で動いて欲しい角度、動きではなかったです。それは教科書通りの話で、患者様自身の正常を取り戻すのは足首の動きの改善が痛み除去に繋がる最短の道でした。

足首の動きを調整する事で一段と改善スピードが上がり、今では山道なども走れる状態までに改善しています。

有名な言葉で『木を見るな!森を見ろ!』と言う言葉があります。目の前の事にとらわれすぎて大切なところを見落としてしまうのは治療家では多くの人が経験してしまうのです。

次のシーズに向けての準備をされていますでしょうか?

SHUNTA PLUSでは京都市北区・上京区でランニング障害を得意とする院です

小林自身は過去にマラソン大会も6回出場しております。タイムは発表できるようなタイムではありませんが、ランニング障害でも悩んでいる部分もあります。練習不足で出場を繰り返しております。ランナーの痛みがわかる院なのです。少しの痛みでもランニング障害では不安になります。

完走できるのか?マラソン中に痛みが強くなったらどうしようか?などお悩みの方も多いと思います。

SHUNTA PLUSは足に特化した院でもあります

歩き方からカラダを変えるをコンセプトに足の症状には自信があります。マラソンはオフシーズンになりましたが、次のシーズンに向けてしっかりと準備したい方などの応援をしております。

『ランニング障害でもう悩まないで欲しい!』

『ケガなくフルマラソンを完走して欲しい!』

の想いの下で施術の提供をさせて頂いております。

歩き方からカラダを変える

SHUNTAPLUSでは歩き方からカラダを変えるをコンセプトに施術の提供をさせて頂いております。

予約方法

電話番号→075-366-3454

お問い合わせフォームから→『お問い合わせ』

SHUNTA PLUS 『LINE@』からのご予約→LINE@

SHUNTA PLUSは京都市市営地下鉄鞍馬口駅から徒歩2分のアクセスがしやすい所にあります。

そのために北区、上京区、左京区、中京区、東山区、山科区、下京区、南区、右京区、西京区、伏見区や他の市や滋賀県、奈良県など関西地区のお患者様が多く来られています。

足に特化した施術にも提供しております

『足からのサポート』

『足測定』

『巻き爪メニュー』

美容メニューも豊富です

『美容メニュー」

カラダ改善メニューも豊富です

『猫背改善プログラム』

『骨盤矯正プログラム』

『歩行改善プログラム』

全てトータルでカラダを診させて頂くメニューもございます

PLUS施術』

ご相談のみを受け付けております。

お気軽にご相談ください。