ブログ

2018年04月17日

筋肉ブログ③

こんにちは、堀です^ ^

 

前回は腰痛の際に痛めている筋肉について書かせていただきました。

 

多裂筋という筋肉が硬くなりやすく、この筋肉のコンディションを良くすることで腰の痛みが軽減されるのですが、

 

そもそも何故この筋肉に負担がかかっているのかという話しになります!

 

中腰の作業や立ちっぱなしなどの影響が大きいのですが、その要因の一つに「下肢の筋肉」が影響している場合があります

 

この下肢の筋肉が硬くなることで、体重を上手く掛けれなくり、その結果身体を支えるために腰の筋肉に無理に力が入ってしまいます💦

 

このような場合、下肢の筋を緩めて良い状態にしてあげると腰の筋肉の緊張も軽減して症状が良くなることが多いです^ ^

 

 

下肢は身体の中でも筋肉量の割合が多い場所で、土台として身体を支えてくれています💡

 

その土台のコンディションやバランスが崩れると、当然その上に載っている上半身にも影響が現れます!

 

ですので、下肢などの下半身から身体を見ることで様々な症状の解決に繋がっていくのです。

 

それほどまでに下肢は大切な部位になります!!