ブログ

2018年06月20日

足底筋膜炎?

京都市で足専門で「歩き方からカラダを変える」をコンセプトに治療院をしてます。SHUNTA PLUS 小林です。

今回はランナーの方に限らず、よく悩みのご相談を受ける足底筋膜炎についてお話しをさせて頂きます。

足底筋膜炎とは?

足底筋膜炎のメカニズム ※足のお悩み百科より抜粋させて頂いております

疲労や過負荷など原因はいくつかありますが、足底筋膜炎の発生メカニズムは、縦アーチが崩れ足底腱膜が過剰に伸ばされたり、歩行のたびに伸び縮みさせられたことにより、靭帯に微細な断裂傷が付くことで炎症を引き起こします。酷使され切れかかった輪ゴムをイメージしてください。極まれに、高いところから飛び降りるなど直接的な衝撃を受けることでも足底腱膜を傷つけることもありますが、大半は縦アーチの低下により引き起こされているものでしょう。

また、運動学的な観点から見てみましょう。歩行時に荷重がかかるタイミングで、縦アーチは下がり足底腱膜が伸ばされますが、荷重がかからなくなると縦アーチが上がります。これを繰り返しながら、歩いているわけですが、繰り返す回数や伸びる量が多かったり、足底腱膜が伸びにくく切れやすい古くなったゴムのような状態になると、炎症や疼痛を引き起こします。これが足底筋膜炎です。

まとめ_18

さらに、アーチの崩れによる負荷だけではなく、足の機能構造上の問題も足底筋膜炎を引き起こす要因となっているのです。

足の指を上げると、土踏まずのところにピーンと張った筋(これが足底腱膜)が現れると思います。なぜ指を上げると足底腱膜が張るのか? それは、足底腱膜が、踵と指の付け根のちょっと先の2箇所で付着している為、足の指を上げるとウインチのように巻き上げられ、足底腱膜にテンション(緊張)がかかってしまうのです(Windlass effect)。歩行時にも同様の瞬間があり、これが、蹴りだすときの推進力になるのですが、同時に足底腱膜に負担をかけてしまう瞬間でもあるのです。

まとめ_20

足のアーチが上手に機能していないのが原因なんです!

足をバネのように使用できるように筋肉はついております。ただし、使い方が悪くアーチに負担をかけた事により足底筋膜に負担がかかり足底筋膜炎となってしまうのです。

靴選びも大変重要です!

足の大きさや形に合わせてシューズ選びが大変重要です。

当院では足の症状を改善するだけでなく再発防止も含めての治療の提供をさせて頂いております。

ご自身の足と向き合った事はありますか?

当院では足の形状を3万点ものレーザーを使用した測定器で計測を行い、フットスキャン(足圧測定)での足の動かし方の計測も可能にしております。

歩き方からカラダが変わる?

SHUNTA PLUSでは歩き方からカラダを変えるをコンセプトに足に特化した施術の提供をメインさせて頂いております。

京都市北区・上京区で足でお悩みの方、ご相談下さい。

予約方法

電話番号→075-366-3454

お問い合わせフォームから→『お問い合わせ』

SHUNTA PLUS 『LINE@』からのご予約→LINE@

SHUNTA PLUSは京都市市営地下鉄鞍馬口駅から徒歩2分のアクセスがしやすい所にあります。

そのために北区、上京区、左京区、中京区、東山区、山科区、下京区、南区、右京区、西京区、伏見区や他の市や滋賀県、奈良県など関西地区のお患者様が多く来られています。

足に特化した施術にも提供しております

『足からのサポート』

『足測定』

『巻き爪メニュー』

美容メニューも豊富です

『美容メニュー」

カラダ改善メニューも豊富です

『猫背改善プログラム』

『骨盤矯正プログラム』

『歩行改善プログラム』

全てトータルでカラダを診させて頂くメニューもございます

PLUS施術』

ご相談のみも受け付けております。

お気軽にご相談ください。