ブログ

2017年08月03日

カラダを触るという事

SHUNTA PLUS 小林です。

本日はカラダを触るという事についてブログを書かせて頂きます。

カラダを触らせてもらう、仕事をしていく中で大切にしている事があります。

カラダの反応を観ること、カラダの声を聞くこと、患者さんの声を聞くこと…と聞くことを大切にして治療に当たらせてもらっています。

カラダに効くではなく、カラダに聞くという事は大切な事です。

カラダからのメッセージをセラピストはどう感じるか?どう伝えるか?そこに限ります。

医療に携わる人々が大切にする事だと思います。

その気持ちを持ち施術に当たらせてもらっています!

症状ではなく、人を見ること感じることを大切にして行くべきだと思います。

患者さんは何を求めて来ているのか?

カラダが求めていることを摺り合わせながら話をするように心がけております。

少しずつですが、当院スタッフが精進しております。

暖かく見守り下さい。

歩き方改善ならSHUNTA PLUSへ!