ブログ

2017年10月17日

正座がしにくいのですが。。。

SHUNTA PLUS 小林です。

最近、膝の痛みで来院される中で『正座がしにくくて』『正座をするのが痛くてできない』と悩んでおられる患者様が来院されました。

そもそも正座をする際の膝の曲げ方に問題がありました!

膝を曲げる動き、膝を伸ばす動きには特徴があります!

膝は曲げる時には内側に畳むようにして膝を曲げる習性があります。

膝を伸ばす際には膝を外に回すようにして膝を伸ばして行く習性があります。

正座をする際に膝を外に回すように膝を曲げてしまっていました!

膝はスクリュームーブモーメントと言う動きがあります。

膝関節最終伸展時に脛骨は大腿骨に対し、10~15°程度の外旋運動を起こし、膝関節が最も安定した肢位に導かれる。(ねじ込み運動とも言う) 膝最終進展時に
大腿骨を固定する場合脛骨は外旋し、脛骨を固定した場合大腿骨が内旋する。

正しい動かし方をすることが大切になります

歩き方から改善するSHUNTA PLUSだからできること!

正しい膝の動きに誘導することで膝の関節の痛みが一回の治療で激減します。また治療の刺激も優しい刺激で行います。

根本的な原因が何なのか?

筋肉なのか?靭帯なのか?関節なのか?

答えは動かし方、使い方にあると思います。

教科書通りの動かし方に捉われすぎるのも大変危険です。

患者様自身が楽に動けるいちに誘導し、その状態で動かすことを習慣化させることで改善される症状は多くあります。

変形性膝関節症の方も安心して来院してください!

変形した膝に合わせた治療プログラムを提供しております。

当院に通院してくれている多くの方が『膝が痛くて歩けない』『階段の上り下りがしづらい』などの悩みで来院されていました。

そして多くの方が改善し、喜んで頂いております。

歩き方から膝を変える!!

SHUNTA PLUSへお越しください!