ブログ

2017年10月30日

ランナー治療③

SHUNTA PLUS小林です。

今日は痛めやすい筋肉について

腸径靭帯&大腿筋膜張筋がすごく負担が出るところになります。

下記の動画をご覧ください

↓          ↓          ↓

​​

股関節の伸展する際に使う筋肉なのですが多くのランナーの方が股関節を伸展できずに走ってしまいます。

その際に本来なら関節を動かすために働く筋肉がカラダが前に動くのを『ストップ』させてしまうように使ってしまっているのです!

大腿筋膜張筋&腸径靭帯は密に軟部組織場での結合をしています。

この筋肉たちに負担がかると『大腿筋膜張筋&腸径靭帯』一つの組織と見れてしまうぐらいに癒着をしてしまいます。

癒着するとどうなるのか?

骨つきの鶏肉などを食べたことがある方が多いと思いますが、その鶏肉が。。。骨から剥がしにくい状態になります。

お店でそんな鶏肉が出て来たら。。。『これ、焼けてないんじゃない?』と思いますよね。

その状態でカラダを動かそうとするとうまく動かない。。。ではどこを動かそうかな?

『膝だ!!』となるわけでここで『ランナーズニー』の登場です!

※ランナーズニーに関しては今後、また詳しく話をさせて頂きます。

ランナーズニーになる前にケアが必要になります!

当院では筋膜に対して施術を行い、筋肉と筋肉が動かしやすい環境を作ることから股関節周りの動きを出し膝にかかる負担を軽減していきます!

小林自身もマラソンに出場した際に経験している症状なので安心して来院してください。

今から寒くなるので冷え対策も気をつけてくださいね。

足でお悩みの方は『SHUNTA PLUS』へお越しください!

ご連絡お待ちしております。