ブログ

2017年11月28日

ランニング障害〜シンスプリント

SHUNTA PLUS 小林です。

ランナーの方に多い障害の一つである『シンスプリント』について説明をさせて頂きます。

シンスプリントとは??

運動後、または動かした際にふくらはぎの内側に痛みが生じます。

緑色の線で囲っている範囲のところで痛みが発生します!

ここの周囲には後脛骨筋、長趾屈筋、ヒラメ筋があります。またこれらの筋肉は足底まで走行しています。アーチなどにも深く関与している筋肉なのです。

後脛骨筋は走った際に地面に足が設置した際にも影響を与えてしまいます。

長趾屈筋は第2趾〜第5の指を伸ばす筋肉で地面を蹴り出す際にも働いてくれます。

指を伸ばすことがこんなんで浮き指の人などはここが常に緊張した状態になり、足首を背屈した状態を作ってしまい、膝への影響も引き起こしてしまいます。

ヒラメ筋はふくらはぎの中でも大きな筋肉で足関節の底屈運動を行います。

走る際の足首の動きの悪さが原因です!!

人は走る際に地面に足をつけて、また地面を蹴るようにして足を使います。

その際に理想とする足首の動きができずに。。。足を酷使してしまうと動かそうとしている筋肉に負担をかけてしまうのです。

これをほって置くと。。。。

疲労性骨膜炎〜疲労骨折と移行してしまいます。

筋肉の動きの悪さが付着している骨へも影響も与えてしまいます。元々、筋肉は骨に付着しています。また付着しているところは負担がかかりやすく骨が筋肉に引っ張られる形になり骨膜反応が発生し、骨にも障害を発生させてしまいます。これが疲労性骨膜炎の症状です。

また疲労性骨膜炎の症状をほったらかしにしていると。。。疲労骨折になります。小さなキズが蓄積され骨がひび割れみたいな状態になってしまいます。。。

シンスプリントになったらどうしたらいいのか??

1.アイシング 2.負荷の軽いストレッチ 3.強度の高い運動を避ける 4.無理な刺激を入れない

でもマラソンは出たいと言う方へ!!

当院では代表も何度かマラソンに出場をしている中での治療実績があります。

歩き方からカラダを変えるをコンセプトのもと、足特化した施術に患者様からも評価を得ております。

せっかくエントリーを下から出たいなどの急なお願いにも答えさせて頂いております!

小林自身もできる限りは出場してもらいたいと思いますが。。。無理はさせません。。。

でも可能性にかけてしっかりとマラソンまでにスケジュールをお聞きして、それに合わせた形での治療プログラムを考え提供してもらっております!!

全てはマラソン完走のために!!

京都マラソンに出る方、、、サポートさせてください!!

京都市北区の足に特化した『SHUNTA PLUS』だからできることがここにあります。

ご連絡をお待ちしております。